上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10時10分前
時間どおりに幼馴染が来てくれました。

介護用ベットを引き取ってもらいます。
目の前で解体されました。


いろいろなことが思い出されます


認知症の祖母が寝ているベットにチョット腰かけて
当時 妊娠中の私は息子にオクルミを編みました

息子が生まれてからも
息子と一緒に流動食を食べさせました
おかげで息子も祖母のことは覚えています。

私の声と息子の声がすると
目が笑ってるのが解りました
オムツも上手に変えられるようになりました

祖母が他界して半年…

緊張が解けたかのように祖父が認知症。
祖母と同じこのベットで寝ていました。

真夜中 なんどとなく私の名を呼びます。笑
その度に息子も起きてしまいます^^

たくさんの絵を描いて見せてくれました
プレゼントしてくれる時は
周りにキラキラのテープを貼ってくれます




たくさんの思い出

おばあちゃん
おじーちゃん

これからも見守っててね(^_-)-☆



解体され小さくなったベッド


あっと言う間に
トラックで運ばれていきました。



たくさんの思い出をありがとう



ベッドやトイレの無くなった部屋は
とても広くて
今はまだ
風通しが良すぎます。。。。





スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。