上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
始めて




帰ってきませんでした。





17時にお友達をバス停まで送ると

バーバに言って

でていったっきり



18時になっても帰ってこないと

私に電話がありました。





慌てて仕事をキャンセルし自宅へ帰ると

私の母が動揺し

なぜか私を怒鳴ります。。。




大きな声を出したいのは私も同じ





冷静に!




大丈夫!




自分に言い聞かせて、母から事情を聞き

先ずは学校へ連絡。

お友達のおうちの電話番号を伺い、お友達のおうちに電話



留守電。。。。



緊急連絡先{携帯}は、個人情報なので教えてもらえません。




お地蔵さんに電話。

『カンチがいないから、車で捜して!!!たぶん○○あたりに居るはず、

一人ヂャ、帰れないから迷子になってるかも。』




最寄りのバス停から私は自転車に乗って

お友達の住んでる町までゆっくり探すことに。



母にはカンティーナが帰ってくるといけないので、

家で待機してもらいました。





小さな制服姿は

何処にも見えない。。。



暗いのに。。。



寒いのに。。。



どこ?




冷静に

冷静に

冷静に。。。



目の前をお地蔵さんの車が何度も通ります。



一緒に探してくれてる!




狭い町をグルグル。



どこ?






1時間後。





帰ってきたと母から電話。




泥だらけで、大泣きしながら帰ってきたらしい。







帰ってきた。





無事でよかった。





お地蔵さんに電話して、

無事を伝えた途端。

安心して泣いてしまいました。




冷静に。



「全然、心配してないみたい」



ちがいます。




心配や不安

私の心が容量オーバーして。。。

訳が分からなかっただけ。






無事でよかった。





叱った?って聞かれたけど。

本人が本当に怖かったって反省してたから、



静かに叱った後、抱きしめました。




男の子は冒険したいみたいです。




だけど、ちゃんと約束は守るように言い聞かせました。








疲れた。

久々に

疲れました。。。





カンティーナの可愛い寝顔をみたら

また涙が出ちゃいました♪




無事でよかった。



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://chu17.blog39.fc2.com/tb.php/770-38d727d5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。